おいしい食べ方

リべイクの方法は簡単3ステップ

美味しく召し上がるコツも紹介致します! それぞれのパンの加熱時間の目安も掲載していますので参考にしてください。

まずは基本の食べ方をご紹介。
しかし、パンによっては”基本の食べ方”では上手に中まで温まらなかったりするため、是非各パンごとの”おいしい食べ方”を参考にお試しください!
また、お使いの加熱機器によって加熱時間が多少異なります。
「表記通りにやったのにまだ中が冷たかった!」という場合は、30秒づつ再加熱していただき、自分だけの”おいしい食べ方”を見つけてください。

目次

  • 基本の食べ方
  • 各パンの加熱目安時間
  • 応用編・急いでいるとき
  • 応用編・トースターがない場合

基本の食べ方

  • 冷凍庫から取り出し袋を開けてトースターに
  • アルミホイルを被せ3〜4分タイマーをセット
  • タイマーが鳴っても取り出さずそのまま保温

各パンの目安加熱時間

冷凍のままトースターで3〜4分加熱(保温時間5〜10分)
ナチュラブール
フォカッチャ
カンパーニュ
ミルクハース
焦がしバタークロワッサン
焦がしバターチョコクロワッサン
プチ
ベーコンエピ
リュスティック
発酵バターメロンパン
ブリオッシュブール
  • 焦げ防止のためパンの上下にアルミホイルを被せて加熱してください。アルミホイルを被せずに表記時間加熱した場合は焦げてしまいますのでご注意ください。
  • お使いの加熱機器により加熱時間や保温時間が多少異なります。
  • 「表記通りにやったのにまだ中が冷たかった!」という場合は、30秒づつ再加熱しながら様子をみてください。
自然解凍(30〜90分)後にトースターで2〜3分加熱(保温時間なし)
ミニバゲット
レトロバゲット
焼きカレーパン
いちじくとクルミ
クランベリーとクルミ
レーズンとクルミ
塩糀あんバターフランス
  • ミニバゲット・レトロバゲットは自然解凍後、お好みの暑さにカットしてからトトーストしてください。
  • 焼きカレーパン・塩糀あんバターフランスは芯まで温めるまでに時間がかかるため、自然解凍後に表面をトーストしていただくとより美味しく召し上がっていただけます。
  • 自然解凍する際は室温〈15°C〉以上で解凍してください。
  • 冷蔵庫での解凍・保存は品質が劣化し風味が損なわれる原因になりますのでおやめください。

応用編・急いでいるとき

  • 冷凍パンを袋から取り出し、耐熱皿に置き電子レンジ(600w)でラップをかけずに30秒ほど加熱します。(冷凍パン2個の目安時間です。中がまだ冷たい場合は10秒ずつ再加熱しながら様子をみてください。)
  • パンに霧吹きで水をシュッとひと吹きし(トースターのスチーム機能でもOK)、トースターで(アルミホイルを被せずに)1〜2分程度表面を焼いて完成!(保温の必要はございません。)
  • 電子レンジでの加熱は風味を損なうおそれがあるため、あまりお勧めはしておりません。どうしてもの時にご利用ください。
  • 電子レンジで加熱する際はラップをかけないことがコツです。水分が中にこもりパンがベチャベチャになる可能性があります。

応用編・トースターがご自宅にないとき

  • 自然解凍のままでもお召し上がりいただけます。
  • 自然解凍する時は室温(15℃〉以上で解凍してください。
  • 冷蔵庫での解凍・保存は品質が劣化し風味が損なわれる原因になりますのでおやめください。